コピー機のリースとは


コピー機現代では、ビジネスにコピー機は欠かせない機材です。ですが、このコピー機、新品で購入すると高額なため、リースを検討している方もいるでしょう。このサイトでは、コピー機のリースについてやその仕組みについて説明していますので、検討の参考にしていただければ幸いです。

コピー機をリースするメリットとデメリットは以下の通りです。

まず、メリットとしては、新品のコピー機を少ない費用で導入できることが挙げられます。一括購入するのではなくリースすると、会社の資金を留保することができます。また、リース費用は税務上全額経費処理できるため、会計上でもメリットがあると言えます。

デメリットとしては、リース契約は通常3~6年契約となり、途中で使わなくなっても解約することができません。また、リース料の料率が加算されるため、支払総額で見ると割高になると言えます。

また、リースをすることに決めたとしても、必ずしも実現するわけではありません。コピー機のリースには審査があるためです。リースの審査に通るためには、会社とその代表者にローンやクレジットカードの利用停止などの滞納が一切ないことや、ある程度の期間会社を経営していることが前提となります。

審査に通らなかった場合や、割高になることを避けて総額を低く抑えたい場合は、中古コピー機を購入する方法があります。また、リース契約期間が長すぎる場合は、レンタルという選択肢もありますので、会社の状況に合った方法でコピー機を利用することをお勧めをします。