コピー機リースの仕組み


多くの会社が利用しているリースサービスですが、その仕組みがよくわからないという人もいるでしょう。このサイトでは、コピー機リースの仕組みについて説明します。

契約まず、前提として、購入とリースで最も大きく異なる点は、最終的にそのコピー機が誰の持ち物になるかという点です。リースの場合は、たとえ長い間そのコピー機が契約者の会社にあったとしても、終始それはリース会社の持ち物であり、最終的には返却しなければなりません。お金の流れとして、リースの場合、リース会社の所有するコピー機の利用料を契約者が月々支払うという形になります。

そして、混乱しやすいのが保守サービスです。リース契約と保守サービスは同じものと思っている人もいるでしょうが、それらは別な契約です。システムトラブルなどが起こった際にメンテナンスしてくれる保守サービスがリース契約にセットになっている場合もありますが、オプションの場合もありますので、契約の際には注意が必要です。

リース契約は、3~6年という長い期間の契約になるため、失敗したと思っても解約することができません。契約の際には、目先の費用だけでなく、機種のスペックや相場を確認して慎重に契約することをお勧めをします。つづいては個人事業主さまむけにお伝えします。