個人事業主なら


コピー機のリースは、ある程度の規模の会社がするものと思っている方もいるでしょう。ですが個人事業主でもリースは可能です。

修理に来るリースにすれば毎月のリース料を経費として落とせますので、会計上魅力を感じる経営者の方もいるでしょう。リースであれば故障してもすぐに代替品を借りることができますし、保守契約をしていればすぐに修理に来てもらえます。しかし、リースだと最終的には返却しなければならず会社の資産にはならず、かつ、総額で見ると支払額は高くなります。また、これからどんどん会社を大きくする計画であれば、現在の機種だと今後スペック的に見合わなくなる可能性もありますね。契約途中で別機種に変更できる場合もありますが、追加費用が必要になることが多いです。

リースの場合、コピー機単体ではなく、個人事業向けのセット契約を提供している会社もあります。例えば、コピー機とビジネスフォンをセットにしたプランや、コピー機、一般電話、パソコン、オフィスデスク、チェア、HP作成までセットにしたプランなどです。コピー機単体だとリースに踏み切れない場合でも、他のサービスがセットになっていれば、初期費用が抑えられますので、少ない資金で会社を立ち上げる場合などにメリットを感じる方もいるでしょう。この記事が、コピー機リース検討の参考になれば幸いです。

関連サイト→→コピー機リース
コピー機や複合機の販売やリースを行っている専門サイトです。

コピー機リースの仕組み


多くの会社が利用しているリースサービスですが、その仕組みがよくわからないという人もいるでしょう。このサイトでは、コピー機リースの仕組みについて説明します。

契約まず、前提として、購入とリースで最も大きく異なる点は、最終的にそのコピー機が誰の持ち物になるかという点です。リースの場合は、たとえ長い間そのコピー機が契約者の会社にあったとしても、終始それはリース会社の持ち物であり、最終的には返却しなければなりません。お金の流れとして、リースの場合、リース会社の所有するコピー機の利用料を契約者が月々支払うという形になります。

そして、混乱しやすいのが保守サービスです。リース契約と保守サービスは同じものと思っている人もいるでしょうが、それらは別な契約です。システムトラブルなどが起こった際にメンテナンスしてくれる保守サービスがリース契約にセットになっている場合もありますが、オプションの場合もありますので、契約の際には注意が必要です。

リース契約は、3~6年という長い期間の契約になるため、失敗したと思っても解約することができません。契約の際には、目先の費用だけでなく、機種のスペックや相場を確認して慎重に契約することをお勧めをします。つづいては個人事業主さまむけにお伝えします。

コピー機のリースとは


コピー機現代では、ビジネスにコピー機は欠かせない機材です。ですが、このコピー機、新品で購入すると高額なため、リースを検討している方もいるでしょう。このサイトでは、コピー機のリースについてやその仕組みについて説明していますので、検討の参考にしていただければ幸いです。

コピー機をリースするメリットとデメリットは以下の通りです。

まず、メリットとしては、新品のコピー機を少ない費用で導入できることが挙げられます。一括購入するのではなくリースすると、会社の資金を留保することができます。また、リース費用は税務上全額経費処理できるため、会計上でもメリットがあると言えます。

デメリットとしては、リース契約は通常3~6年契約となり、途中で使わなくなっても解約することができません。また、リース料の料率が加算されるため、支払総額で見ると割高になると言えます。

また、リースをすることに決めたとしても、必ずしも実現するわけではありません。コピー機のリースには審査があるためです。リースの審査に通るためには、会社とその代表者にローンやクレジットカードの利用停止などの滞納が一切ないことや、ある程度の期間会社を経営していることが前提となります。

審査に通らなかった場合や、割高になることを避けて総額を低く抑えたい場合は、中古コピー機を購入する方法があります。また、リース契約期間が長すぎる場合は、レンタルという選択肢もありますので、会社の状況に合った方法でコピー機を利用することをお勧めをします。