個人事業主なら


コピー機のリースは、ある程度の規模の会社がするものと思っている方もいるでしょう。ですが個人事業主でもリースは可能です。

修理に来るリースにすれば毎月のリース料を経費として落とせますので、会計上魅力を感じる経営者の方もいるでしょう。リースであれば故障してもすぐに代替品を借りることができますし、保守契約をしていればすぐに修理に来てもらえます。しかし、リースだと最終的には返却しなければならず会社の資産にはならず、かつ、総額で見ると支払額は高くなります。また、これからどんどん会社を大きくする計画であれば、現在の機種だと今後スペック的に見合わなくなる可能性もありますね。契約途中で別機種に変更できる場合もありますが、追加費用が必要になることが多いです。

リースの場合、コピー機単体ではなく、個人事業向けのセット契約を提供している会社もあります。例えば、コピー機とビジネスフォンをセットにしたプランや、コピー機、一般電話、パソコン、オフィスデスク、チェア、HP作成までセットにしたプランなどです。コピー機単体だとリースに踏み切れない場合でも、他のサービスがセットになっていれば、初期費用が抑えられますので、少ない資金で会社を立ち上げる場合などにメリットを感じる方もいるでしょう。この記事が、コピー機リース検討の参考になれば幸いです。

関連サイト→→コピー機リース
コピー機や複合機の販売やリースを行っている専門サイトです。